Tシャツにおけるグラデーション効果のプリントについて

製作のコツTシャツをオーダーメイドで制作する際には費用面で
若干の上乗せをする事により、少し特殊なプリントにも
対応して貰えます。

その中の1つに、グラデーションと呼ばれる
プリントの技法があります。

グラデーションとは印刷面の色が連続的に変化していく
事であり、プリントに活用するとその変化から
独特の味わい・風合いを出す事が出来ます。

Tシャツにおいては、主に2つの方法を使って製作されます。

1つは版の中に複数の色彩のインクを混ぜ合わせて
印刷する方法です。この方法の場合、印刷する毎に
インクの混ざり具合が変化する事から、同じプリントで
大量の印刷を行っても、出来上がったTシャツ毎に
その風情に微妙な違いが生じ、手作り感・オリジナリティが
発揮されるという利点があります。専門店に依頼する

一方、電子データを取り込んでの印刷を利用し、
予めグラデーションのデータを制作する方法もあります。

この方法の場合は版を各色毎に準備するので、
データに忠実なプリントを描き出す事が出来ます。

従って均一化されたTシャツが制作されますが、
その代わりに細やかな視覚効果を狙う事が
出来るという利点があります。

オリジナルプリントと無地のTシャツの関係について

イベントごとの際に団結心を高める目的で
オリジナルTシャツを作成するということがあります。一番の方法

この様なサービスを提供している業者は
無地のTシャツに対してプリントを施すという対応で
希望に沿った商品の作成を行っています。

そのため殆どのオリジナルTシャツは木製品である
無地のTシャツに対して必要なプリントを施しただけの
簡単な作りであることが多くなっています。

プリントのデザインはパソコン等で作成して
業者に送信すればそれで十分です。

どのようなものが作りたいかがはっきりしていれば、
後は予算に合わせて作ることが出来ます。出し物の準備

例年一定のニーズがあるサービスですので
インターネット上で全国から注文を取りつけている
業者の存在もあります。

急ぎでの作成に対応してくれるところもありますので、
作成することが決まったら早めに準備を進める様に
すると良いでしょう。

オリジナルTシャツとは言っても元々が
無地のシャツですので非常にリーズナブルに
作ることが出来ます。

オリジナルTシャツ制作がおすすめの理由

オリジナルTシャツをプリントするとなると、自作か
専門店に依頼するかを考えたりしますが、
今のご時世では専門店に依頼する方が手軽で
コストとしても安く仕上げることができ、なおかつ
スピードとしても早く仕上がるのでとてもお勧めできます。個性の出し方

またその業者によっては具体的にプリント方法やデザインも
選ぶことで、こだわりをひとつひとつ作っていくことができ
自作となんら変わりないどころか、それ以上の
オリジナルTシャツを作成することができます。

値段の面でも自作の場合、大量生産するのは
コストもかかり、手間もかかるものですが、業者に
依頼した場合大量に作れば作るほど安くなったり
送料が無料になったりするサービスを行っている所もあります。注目したい部分

業者もそれぞれでサービスを打ち出しており、
即日発送ができる業者や、デザインテンプレートを
多く用意しているところなど様々ですので、自分が
作りたいと思う方針に近いところを選ぶことでさらに
有効利用できると思います。

オリジナルTシャツ制作にかかる日数

参考に近年では価格が安くなってきたこともあり、オリジナルTシャツの
制作に業者を利用する人も増えています。

良い業者を選んで利用すれば、市販レベルの高品質プリントを
期待することができ、イベント用途での大量発注でも安心ですが、
依頼の際に必ず確認しておきたいのが、制作にかかる日数です。

学校行事やイベントなどで使用する場合、どれだけ高品質の
オリジナルTシャツであっても、期日に間に合わなければ
意味がありません。士気を高める

オリジナルTシャツの完成までには、見積もりとデザインの
入稿、プリントという手順が必要となりますが、一般的には
2週間程度が納期の目安となっているので、業者選びに
余裕を持たせる為にも、早めに検討を始めるのがおすすめです。

とはいえ、何らかの事情によって2週間も待つことができない
というケースもあります。そういった場合には、3日や場合に
よっては当日制作に対応してくれる業者もあるので、
諦めることなく相談してみましょう。

フルカラーでオリジナルTシャツを作るなら

自分で考えるフルカラーでオリジナルTシャツを
作るなら、インクジェットプリントでの
印刷が一番だと思います。

シルクスクリーンプリントでは1色ごとに
版を用いるため、強度は高いのですが
版ごとに余計に費用がかかります。

インクジェットプリントはパソコンから送る画像データを
生地の表面に直接吹き付けて表現するため、版を作る
必要が無く費用を安く仕上げることができ、フルカラーや
グラデーションも簡単で繊細に表現できます。

ただ下地のTシャツの生地の色が白地とカラー地では
仕上がりの色が異なってくる可能性があるのでそこには
気をつけたほうがいいと思います。アイデアを活かす

またシルクスクリーンプリントでは発光インクや発泡インクなど
様々なインクを選ぶことができますが、インクジェットプリントでは
特殊なインクを使うことができません。

こういった点に注意しながらも画像データを用いて印刷する場合、
自分だけのオリジナルTシャツとして制作するには向いていると思います。